得たい効果で摂取方法を選びましょう

徹底美容主義

プラセンタを取り入れる方法

取り入れる方法は様々です

プラセンタを取り入れる方法は、一つではありません。サプリメント以外にも医療機関で受ける注射や化粧品など、様々な手段でプラセンタを取り入れることが可能でしょう。摂取法によって効果の程も変わってくるので、目的や利用しやすさによって選ぶのが大切です。

一番手頃にだれでも利用できるサプリメント

プラセンタを摂取する方法で一番手軽なのは、サプリメントによる摂取です。サプリメントの場合口に入れるだけで良いので、化粧品や注射と違って男女問わずに活用することが可能なのです。更年期障害の治療などの場合には、経口摂取が効果を発揮してくれるでしょう。

医療現場で大活躍中のヒトプラセンタ

プラセンタを直接注射する方法は、主に医療の現場で用いられています。更年期障害の治療や月経不順、肝機能の正常化に用いられるプラセンタ注射は、主にヒト由来のプラセンタを注入する施術となっています。ヒト由来のプラセンタはこういった医療施術にしか活用できませんが、その代わり非常に高い効果を発揮する成分なのです。

肌から直接吸収するための化粧品

プラセンタを配合した化粧品を活用している、という方も少なくないでしょう。プラセンタは肌から吸収しても高い効果を発揮することから、美容液やクリームなどの製品が販売されています。プラセンタ化粧品を活用することで、肌の保湿性を高めたり、炎症を抑えたりすることができます。

プラセンタを選ぶ際の由来ごとの注意点とは

馬プラセンタを選ぶ際に気をつけること

馬プラセンタはセレブなどにも人気となっていますが、その理由の一つに「安全性が高い」という点が挙げられます。馬は他の動物に比べても品種等の管理がかなり徹底されているため、サラブレッドなどの胎盤を利用したものなら安心して利用することが出来ます。

利用が制限されている羊プラセンタ

羊由来のプラセンタは、日本よりも海外での人気が高い製品となっています。日本では伝染病などの危険性を考慮して、羊製品そのものが制限されていますが、ニュージーランド等で作られたの高品質のものを利用すれば問題ありません。

豚由来の製品は加工によって成分が変わる

豚は比較的病気になりやすい動物だと言われており、豚由来のプラセンタも品質にはピンからキリまであります。安い製品になると、殺菌処理の過程で成分が失われてしまうことも多いですが、SPF豚などを活用したサプリであれば高い成分配合を保っています。

高い安全性が保証されたヒトプラセンタ

人間由来のプラセンタはサプリメントなどに利用されることがなく、医療用のみとなっているため安全性もかなり高いです。医薬品を取り扱う会社によって厳密に管理されているため、ウイルスの混入などもまずありえないでしょう。

安全性が非常に高い動物以外の製品

動物性のプラセンタが安全性に配慮しなければいけないのに対し、植物性のものや海洋プラセンタは、その心配がかなり低いと言われています。人間がかかる病気を保有しているケース自体が少ないため、商品や品種ごとに神経質にチェックしなくて済むメリットがあるのです。